HOME > 症例

症例

症例1 (初診時年齢8歳6ヶ月、女性)

After
Before
症例1のイメージ
症例1のイメージ

<診断>
左側中切歯の舌側転位
正中離開
<解説>
右側の上下前歯が反対咬合となっているため、下顎前歯の歯肉が退縮しています。この様な場合には早期に治療を行います。治療後に歯肉の状態は良好になっています。

症例2 (初診時年齢7歳7ヶ月、男性)

After
Before
症例2のイメージ
症例2のイメージ
症例2のイメージ
症例2のイメージ

<診断>
反対咬合
正中離開
捻転
<解説>
反対咬合でしたが診断の結果歯性の反対咬合でしたので、前歯を前方へ傾斜させることで反対咬合を改善しました。それと同時に正中離開と捻転も治療しました。

症例3 (初診時年齢8歳6ヶ月、女性)

After
Before
症例2のイメージ
症例2のイメージ
症例2のイメージ
症例2のイメージ

 <診断>
開咬
<解説>
舌癖のため前歯が咬まない状態となっていました。舌癖の改善と第1大臼歯を圧下する装置を使用して、前歯のかみ合わせを改善しました。

症例4 (初診時年齢8歳8ヶ月、男性)

After
Before
症例2のイメージ
症例2のイメージ
症例2のイメージ
症例2のイメージ

 <診断>
反対咬合
<解説>
診断の結果、歯性と機能性の反対咬合でしたので前歯の前方拡大と下顎の後方移動によって反対咬合を改善しました。反対咬合(下顎前突)には大きく分けると歯性・機能性・骨格性の3タイプがあります。骨格性の反対咬合は外科的処置を併用しなければ治療できない場合もあります。歯性と機能性の反対咬合は矯正処置のみで治療できますが、放置すると骨格性へ移行する場合もありすので早期に専門医をたずねることをおススメします。

症例5 (初診時年齢10歳4ヶ月、男性)

  • 症例3のイメージ
  • 症例3のイメージ
  • 症例3のイメージ
  • 症例3のイメージ
  • 症例3のイメージ
  • 症例3のイメージ

<診断>
両側側切歯の下側転移と捻転
正中離開
<解説>
早期に前歯部の不正咬合を治療することによって永久歯の抜歯をさけることができました。治療の開始がおくれた場合小臼歯を抜歯しなければいけない状態になっていたかもしれません。

症例6 (初診時年齢23歳1ヶ月、女性)

After
Before
症例2のイメージ
症例2のイメージ
症例2のイメージ
症例2のイメージ

 <診断>
上顎前突
<解説>
上顎前突のため上下口唇の突出観と頤部の緊張観が認められます。治療として小臼歯を抜歯することにより素敵な口元が得られました。

症例7 (初診時年齢12歳3ヶ月、女性)

After
Before
症例2のイメージ
症例2のイメージ
症例2のイメージ
症例2のイメージ

<診断>
上顎前突
<解説>
上顎前突の特徴の一つとして下唇の翻転があります。上顎前突を治療することによりきれいな下唇となりました。

症例8 (初診時年齢25歳10ヶ月、女性)

After
Before
症例4のイメージ
症例4のイメージ
症例4のイメージ
症例4のイメージ
症例4のイメージ
症例4のイメージ
<診断>
上顎前突の舌側傾斜・過蓋咬合
<解説>
上顎前歯が内側に傾斜すると下顎の運動がさまたげられ顎関節症の原因の一つとなります。上顎前歯を正しい傾斜にあることで下顎の運動がスムーズになることがあります。

症例9 (初診時年齢17歳1ヶ月、女性)

After
Before
症例2のイメージ
症例2のイメージ
症例2のイメージ
症例2のイメージ

<診断>
叢生(いわゆる八重歯)
<解説>
この程度の八重歯であれば非抜歯でも治療は可能ですが、治療前の口元がやや突出していたので抜歯治療をしました。良好な口元と咬合を得ることができました。

症例10 (初診時年齢13歳6ヶ月、女性)

After
Before
症例2のイメージ
症例2のイメージ
症例2のイメージ
症例2のイメージ

<診断>
叢生(いわゆる八重歯)
<解説>
第9症例とほぼ同様の治療ですが、治療前の口元を改善する必要性がなかったので、非抜歯で治療しました。良好な咬合が得られました。
この様に口の中が同じ様な状態でも抜歯はしたほうがよい場合と抜歯をしなくてもよい場合があります。是非、顔つきも含めた歯並びの診断を受けて下さい。


症例11 (初診時年齢13歳3ヶ月、女性)

  • 症例3のイメージ
  • 症例3のイメージ
  • 症例3のイメージ
  • 症例3のイメージ
  • 症例3のイメージ
  • 症例3のイメージ
  • 症例3のイメージ
  • 症例3のイメージ
  • 症例3のイメージ
  • 症例3のイメージ
  • 症例3のイメージ
  • 症例3のイメージ
  • 症例3のイメージ
  • 症例3のイメージ
  • 症例3のイメージ

〈診断〉
叢生
〈解説〉
著しい叢生の状態ですが上下左右第1回臼歯を抜歯することにより動的治療期間が25ヶ月で治療することができました。

症例12 (初診時年齢12歳3ヶ月、女性)

After
Before
症例4のイメージ
症例4のイメージ
症例4のイメージ
症例4のイメージ
症例4のイメージ
症例4のイメージ
〈診断〉
切端咬合・上顎中切歯の相対捻転
〈解説〉
上顎前出の前方拡大により切端咬合と捻転を治療することができました。

症例13 (初診時年齢13歳8ヶ月、女性)

After
Before
症例4のイメージ
症例4のイメージ
症例4のイメージ
症例4のイメージ
症例4のイメージ
症例4のイメージ
〈診断〉
上下顎前突
〈解説〉
上下顎前突の場合には咬合の乱れなどはなく歯列だけ見た場合には個性正常咬合です。しかし、口唇の突出観がみられる場合が多いです。この症例においては口唇の前突観を解消するために上下左右の第1小臼歯を抜歯することにより素敵な口元を得ることができました。

症例14 (初診時年齢21歳4ヶ月、女性)

After
Before
症例4のイメージ
症例4のイメージ
症例4のイメージ
症例4のイメージ
症例4のイメージ
症例4のイメージ
<診断>
開咬・大性低位唇側転位(八重歯)
<解説>
上下左右第1小臼歯を抜歯することにより上下顎前歯を咬合させました。開咬を改善された患者様の感想としては前歯で食べ物が噛み切れるのが嬉しいとよく言われます。

症例15 (初診時年齢24歳2ヶ月、女性)

After
Before
症例2のイメージ
症例2のイメージ

<診断>
上下顎の正中離開
<解説>
上下学の正中のスペースが気になり来院されました。治療としては、まず下顎のスペースを閉鎖し、その後上顎のスペースを閉鎖しました。動的治療期間は1年4ヶ月でした。成人においても治療は可能