目立ちにくい矯正装置について

目立ちにくい矯正治療が選ばれる理由

目立ちにくい矯正治療は、主に大人の患者さまが選択されます。仕事で人と接する機会が多い分、目立ちにくい矯正装置を希望される方が多いです。技術的な進歩や特殊な技術によって、目立ちにくい矯正装置の種類が増えてきました。近年の矯正装置は適さない症例が減り、効果がしっかり出るようになっています。当院は、目立ちにくい矯正装置による治療を中心に行っています。

目立ちにくい矯正装置の種類

目立ちにくい矯正装置とは、マウスピース型矯正装置やリンガルブラケット、セラミックブラケットなどです。当院では、歯の裏側に装置を付ける場合はもちろん、表側に装着する場合にも装置が目立ちにくい工夫をしています。

当院で取り扱っている矯正装置

マウスピース型矯正装置

目立ちにくい矯正装置の一つです。初めの2週間はソフトタイプを使用し、その後ハードタイプに変更します。通院は1ヶ月に1度が目安です。当院では、歯の動きに合わせてマウスピースを作成しています。

注意点

歯の動きに合わせてマウスピースの型を変える必要があるため、定期的な通院を忘れないようにしてください。

適応とならない症例

歯の捻じれが強い症例には適応できない場合があります。

矯正歯科専門歯科医院で行うメリット

矯正歯科専門の歯科医院では、矯正治療のエキスパートである歯科医師が患者さまのお口の状態を確認しながら治療を行います。歯の動きを細かく確認できるため、歯並びだけでなく、噛み合わせまでしっかりと治せます。

ハーフリンガルブラケット

当院のハーフリンガルブラケットは、上の歯の裏側に、下の歯の表側に装着します。費用が抑えられ、取り外しの煩わしさが無いことが特徴です。

注意点

上の歯の裏側に矯正装置を付けるため、歯磨きをより丁寧に行ってください。

適応とならない症例

噛み合わせが深い場合は、装着するための処置が必要になることがあります。

ご予約・お問い合わせ
はお気軽に
岐阜市・羽島市にお住いの方で矯正歯科のことでお困りでしたらご相談ください
当院では初診の方は矯正歯科について無料相談を行っております