HOME > 子どもの矯正

矯正治療について

子供の矯正について

I期治療(骨格矯正)・・・4歳~11歳
不正咬合が発見されてもすぐに治療するケースと経過観察するケースがあります。骨格的な改善を行いできるだけ抜歯を避けます。永久歯(大人の歯)が全部で生えそろうまで待ってから治療します。
II期治療(歯列矯正)…11歳~
矯正治療を前期(初期)治療と後期(本格)治療に分けて治療します(子どもの成長に合わせて目的別に治療を分けて治療する)。

I期治療

I期治療はまだ小さく柔軟なお子様のあごの成長を促進または抑制することによってバランスを整えることが目標です。このことでなるべく永久歯を抜かないで歯並びを整えることができます。
さらに、I期治療であごの骨を整え大人の歯がきちんと並ぶ土台ができるため、II期治療そのものが必要ない場合もあります。I期治療を大きく分けて4~5歳の乳歯だけの時期と6歳から11・12歳までの乳歯と永久歯が混在する・混合している時期に分けられます。

II期治療(永久歯が生えそろった状態)

11・12歳以降で永久歯が生えそろってから行う全体的な矯正装置を用いて歯並びと噛み合わせを整える治療です。すべての不正咬合が治療対象になりますが、例外的にあまりに骨格的に前後、左右などのバランスがずれてしまっている患者さんでは成長が止まるのを待って外科矯正を行う場合があります。

成人矯正

成人矯正のイメージ

大人になってから始める歯並びや噛み合わせを治す矯正治療のことを成人矯正と呼びます。
多くの人がきれいな歯並びに憧れ、歯並びが悪く見た目が良くないという悩みを解消するために矯正治療を始めます。健康的にきれいに並んだ歯並びは他人に与える印象を良くしますし、自信を持って笑顔になることができます。

一方、機能的な回復を目的とした矯正治療を行う人も増え、歯列が乱れていることで物をうまく噛めなかったり、正しく発音できず聞き取りづらいといった症状の改善のために、矯正治療を始める人もいます。
また、整列した歯並びは歯ブラシを容易にし、歯と歯茎を健康に保つことができるため、将来の虫歯や歯周病の予防ということで始められる方もいます。
以前は、矯正治療は子供のするものというイメージがありましたが、技術の進歩や新しい装置の登場などで、最近は成人の方の矯正治療がしやすくなり、始める方も増えています。